なごやブラジル塾は、日本人と在日ブラジル人の市民レベルの交流を推進する非営利団体です。

子どもの教育問題

日本に住んでいるブラジル人の方々が抱えている大きな問題の一つに、子供の教育の問題があります。

これは子供たちの進路にも大きく影響しますよね。日本で就職してずっと日本に住むのか、あるいはブラジルに帰国するのかが、大きな分かれ目です。

ところで日本にいるブラジル人の子供たちのほぼ全員が、日本で働くことを決めた親に連れられて来日しています。子供が自分から日本に行きたいと思って、ひとりで飛行機に乗ってやってくるわけではないですよね。つまりは日本に住み続けるのか、ブラジルに帰るのかも親の都合しだい。そして多くの場合、当の親自身がいつまで日本で働くのか、いくら貯まったらブラジルに帰るのか、はっきりしていないようです。

lgi01a201409122000

もしあなただったら、どんなふうに感じるでしょうか?

「ぼくは中学になるとき日本にいるのかな?」「私はポルトガル語あんまりわからないけど、帰国してもやっていけるかな?」当然、子供の気持ちとしては不安になりますよね。

実際、多くの子供たちが将来の夢や目標を持ちにくいという状況におかれています。夢が持てないと、苦しいときの踏ん張りだってききにくいですよね。そこで学校に通わなくなってしまったり、目の前の楽しみに飛びついてしまう子供たちもいます。

もちろん実際には、ほとんどの子供たちは学校に通っています。多くの子供たちは日本の小中学校に通っていますが、ブラジルの教科書を使ってポルトガル語で授業が行われるブラジル学校に通う子供もいます。どちらにも、いいところ、悪いところがあります。

ここでは、ブラジル人の子供たちが日本で直面している問題について、分かりやすく整理してみたいと思います。

日本の公立学校

いいところ

月謝も教科書もタダ:なんといってもこれが一番の魅力です。教育は大切だと分かっていても、どの家庭もお金は節約したい。であれば無料の公教育を利用するのは当然です。

cc-library010009118日本での進路が開ける:あとでも説明しますが、ブラジル学校を卒業しても、日本の中卒や高卒とは認められないため、途中から日本の高校や大学に進学するのはとても難しくなります。となると日本でいい仕事に就くのも難しくなるということです。なので将来ずっと日本で暮らしていこうと思う人は、最初から日本の学校に行くほうが有利です。

悪いところ

日本語の授業についていけない:ひとくちにブラジル人の子供と言っても、事情はひとによって様々です。日本で生まれた子供もいれば、1歳の時に来日した子供と8歳で来た子供とでは、当然、日本における適応にも大きな違いが出てきます。ブラジルから来てすぐ日本の小学校に入れられても、先生が何言っているか分からないのは当たり前ですよね。みなさんが明日からブラジルの小学校に通うことになったとしましょう。ポルトガル語で社会や理科の授業を受けるとしたらどうですか?

落第(らくだい)がない:落第というのは、例えば3年生の力がついていなければ、もう一度2年生をするということです。留年(りゅうねん)とも言います。ブラジルの学校ではそれが普通なんですよ。これのどこが問題かというと、ブラジルから来たばかりでも11歳であれば、日本の小学校5年生のクラスに自動的に入れられてしまうということです。言葉の問題もあるし、これはちょっと乱暴だと思いませんか?

komatta-jyogakusei-1ポルトガル語を忘れてしまう:日本の学校では当たり前ですがポルトガル語の授業なんかありません。もちろん家でお父さんお母さんとはポルトガル語で話すでしょうが、一日の多くの時間を学校で過ごすわけですから、日本の小中学校に通う子供たちは、しだいに日本語のほうが得意になってしまいます。いっぽうで工場で働く両親は、同僚や管理者もブラジル人であることも多く、なかなか日本語を覚える機会がありません。すると親子の会話もだんだん難しくなっていきます。たとえば思春期になって悩みを聞いてほしくても複雑な内容はポルトガル語ではうまく言えない、子供にアドバイスをしたいと思っても日本語ではうまく表現できない、といった問題も生まれてきています。

さらには、いざブラジルに帰ることになっても今度はブラジルの授業についていけません。日本の学校に通っていて帰国した子供の中には、ブラジルで不登校になってしまう子供もいるようです。

自分の国の言葉をきちんと話せることは、アイデンティティーの形成にとても重要です。ちょっと難しい言葉ですが、たとえ日本に住み続けるとしても、むしろ日本に住み続ける人ほど、ポルトガル語を話せなければ「自分はブラジル人だ」という意識が持てなくなってしまうのです。いっぽうで日本に住んで日本語がペラペラでも彼らは日本人ではありませんから、「自分はいったいナニ人なんだろう」という悩みを抱えてしまう人が出てきます。

ブラジル学校

いいところ

ブラジルのカリキュラムで学べる:ブラジル学校のいいところは、日本の学校の悪いところの裏返しです。ブラジル学校では、本国のカリキュラムで、ブラジルの教科書を使って授業が行われます。これなら帰国した時も安心ですよね。スムーズにブラジルの学校になじめることになります。またブラジルの教育省(きょういくしょう)から認可(にんか)を受けている学校であれば、日本での卒業資格(そつぎょうしかく)がそのままブラジルでも有効になります。つまり絶対ブラジルに帰ると決めている場合には、子供をブラジル学校に送るほうが有利と言えそうです。

ポルトガル語の学習:日本で生活しながらも、彼らの母国語であるポルトガル語を学習し、使用できる環境があります。上にも書きましたが、ブラジル人という意識を持つためにポルトガル語の習得はとても大事です。

学校との意思疎通:ブラジル学校の先生は、ほとんどがブラジルで教師の資格を持つ人たちです。そのほかのスタッフも多くがブラジル人ですので、保護者とのコミュニケーションにおいても少なくとも言葉の心配はありません。

悪いところ

授業料が高い:ブラジル学校のほうのネックはこれです。授業料に加えて、給食費やバスの送迎費(そうげいひ)など込みで、子供一人当たり3万円から5万円くらいになります。もし兄弟がいたらどうなるか、想像してみてください。たいへんな金額ですよね!もちろん二人目、三人目の割引はありますが、それでも家計(かけい)に占める教育費(きょういくひ)の割合はそうとう高いものになります。ですから親のどちらかが失業(しつぎょう)などしたときに、真っ先に切られるのが子供の教育費というケースも少なくないようです。

国や地方自治体(ちほうじちたい)からの助成(じょせい)がない:授業料が高い理由はこれです。ブラジル学校は、学校教育法(がっこうきょういくほう)で定められた正規の学校として認められていませんので、法律の上では学習塾と同じ扱いになります。さらにはほんの数校を除いて、予備校や自動車の教習所(きょうしゅうじょ)のような各種学校(かくしゅがっこう)としてさえ認められていませんので、地方自治体からの助成も受けられません。たとえばブラジル学校の生徒は、通学定期券(つうがくていきけん)なども買えません。だから学校の運営費(うんえいひ)は、基本的に親から集める授業料で賄う(まかなう)ほかないのです。だから月謝が高くなるのですね。ちなみにブラジルの教育省(きょういくしょう)から認可(にんか)を受けている学校があると書きましたが、ブラジル政府からの財政的(ざいせいてき)な援助(えんじょ)は一切ありません。

日本の高校や大学への入学が難しい:日本の正規の学校として認められていないので、ブラジル学校を卒業しても、その卒業資格は日本の社会では通用しません。つまり日本の大学を受験しようとしても、高校卒業の資格がないために難しいのです。就職しようと思っても事情は同じです。補修については要確認。

 

 

学校に通わない子供たち

hikikomori_toukoukyohi

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジルに帰国する子供たち

kaeru

 

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © なごやブラジル塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.