今日のテーマはser動詞の最大の山場ともいえる「国籍の表現」です。ようするに「彼は~人だ」「彼女は~人だ」という表現たちです。

なんで山場かというのは、ここまでに学習したポルトガル語の2大特徴、動詞の活用と性別の問題をミックスして考えなければならないからなんですね。

でも逆に言えば、ここをきっちり理解すれば、かなり見晴らしのいい地点に出られますので、その後がうんと楽になると思います。

今日もできるだけ噛み砕いて易しく説明していますので、ぜひチャレンジしてみてください。

それでは今日もBons estudos!