仕事の合間を縫って、サイトのコンテンツ制作に、ひーこら言っています。

今日はブラジル・マップの「ブラジルの雑貨・食料品店」のリストを作るために、2013年のリストをもとに一軒一軒電話をかけて、まだ営業しているかどうかの確認をしました。

案の定、というところが悲しいのですが、2年の間に約半分のお店が「この電話番号は現在使われていません」となっていました。レストラン、ブティックや学校は食料品店よりもひどいようです。

来年の更新時には、このうち何軒生き残っていることか・・・。

この記事を書いた人

久保原信司(Kubohara Shinji)カポエイラ・ヴァジアソン代表
3児の父。趣味は山登り、たき火など。大学院時代にサンパウロ大学に留学し、インディオの研究をするはずが、運命のいたずらでカポエイラにテーマ変更。その後、在名古屋ブラジル総領事館、サンパウロ新聞社、International Press社などの勤務を経て、現在は名古屋でカポエイラ・グループを主宰しながら、大学でポルトガル語や多文化共生論を教えて糊口をしのいでます。