ロバのポル語からリスニング・マラソン中級編スタートのお知らせです!

9月からスタートしているリスニング・マラソン初級編は、おかげさまでとても順調に進んでおり、確かな手ごたえを感じつつ最後の1か月に入るところです。これはこれで継続の要望が非常に高いので、同じ『Peppa Pig』を教材として続ける予定ですが、ステップアップを望む方々を対象として、より実践的な中級編を企画してみました。

今回の目玉は、本当にブラジルの生活シーンをフィールド録音したのではと思われるほどの、非常に実践的なリスニング音源です!ブラジルで発行されている外国人向けポルトガル語テキストとして定評のある『Muito Prazer』の音源をピックアップして使用します。

これがきちんと聞き取れるようになれば、ブラジルのどんな日常会話でも怖いものはなくなるでしょう。かといって決して単語が難解なわけではありません。ただ、録音者の口調がとても自然で、くだけた言い回しなども普通に用いられているところが、日本で日本人向けに作られた「お行儀のいい」ポルトガル語音源と違うところで、ここが私としてもイチ押しのポイントです。

ポルトガル語の文法がまだよく分かっていない、聞いても1語も聞き取れないという方には現在開講中の初級クラスをお勧めします。こちらは子供向けアニメ『ペッパ・ピッグ』を教材としていて、語彙や表現もシンプルです。

この中級クラスは、11月23日(月)スタートで2月22日終了予定の3か月(全12回)のリスニング・マラソンです。万が一欠席される場合でも、レッスン録画をシェアしますのでフォロー態勢も万全。参加メンバーで作るライン・グループでも質疑応答やポル語情報のシェアなど、毎日活発にやり取りしていますので、ひとりで挫折しがちだった人も安心ですよ。

参加には事前のお申込みが必要です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。Zoomアドレスやお支払い方法など、詳細はお申込みいただいた際にお知らせいたします。

■日時:毎週月曜日 午後9時30分から10時15分(1コマ:45分)
■場所:Zoomを利用します。
■進め方:
①リスニング (その日の音源を2回通して聞きます)
②書き取り (1フレーズ3回ずつ聞いて書き取り。自分が聞こえにくい音を発見します)
③答え合わせ (音のつながり、欠落を意識してフレーズごとに読みの練習、日本語訳、文法解説)
④シャドーイング (ポル語を見ながら2回、ポル語なしで仕上げの2回)
※①②④は参加者は原則ミュート、③の解説時に質問ができます。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信します。
■教材:ブラジルの外国人向けポルトガル語テキスト『Muito Prazer』
■参加費:12,000円(3か月・12回)
■お申込み、お問い合わせ:contato@ebrasil.jp
※この内容はまだ変更される場合がありますので、予めご了承ください。